液滴観測システム

Meteor Inkjet社は標準化された各社プリントヘッド用ドライバボードおよび印刷ソフトウェアをグローバルに供給するリーディングサプライヤーです。Meteor Inkjet社のハードウェア/ソフトウェアはインクジェット印刷機OEM、各種産業用インクジェット装置に数多く採用されています。また、Meteor Inkjet社のドライバボードはインクジェット開発で不可欠となる液滴観測システムへの使用が可能となる拡張機能を有し、様々な印刷機器において飛翔観測機能の追加を容易にします。

Meteor Inkjet社は過去数年間にわたり液滴観測機能に関するユーザーヒアリングを行い、機能や価格帯等市場ニーズを完全調査してきました。結果、無駄な機能を省き、可能かなぎり必要なスペックに限定した低価格バージョンの液滴観測装置を実現することが可能になりました。

産業用インクジェットヘッドドライバのリーディングサプライヤー
駆動波形の最適化調整や開発に不可欠なツール
各種プリントヘッドタイプに対応

 

 

Meteor Inkjet社液滴観測システムにより各種プリントヘッドとインクの吐出最適化評価を行うことが出来ます。量産装置で使用される標準化されたヘッドドライバを使用することで、開発された吐出条件は即座に生産機へ適用することが出来ます。Meteor社液滴観測システムは、各波形パラメータをリアルタイムで調整することが出来、効率的な特性評価が可能になります。

〈Meteor Inkjet社液滴観測装置特徴〉

操作性および使い勝手にすぐ入れたMeteor社独自のPCソフトウェア
簡易的なプリントヘッド取り付け治具およびアライメント機構
Meteor社標準のヘッドドライバを使用することで、生産機・量産機への迅速な展開が可能
ヘッドマウントおよびドライバユニットを交換することで様々なプリントヘッドに対応可
各種プリントヘッドに対応したインク供給ユニット選択可(Megnajet社各種システム)
スペースの限られた研究室・試験環境への設置に適合したコンパクト設計
駆動波形形状、電圧レベル、グレーレベルのリアルタイム編集が可能
ダブルストロボ液滴速度測定機能、液滴ボリューム測定機能、レポート出力機能
ユーザー設定の液滴飛翔距離を基準としたキャリブレーション測定機能

 

→カタログダウンロードはこちら