各社ヘッド対応 インターフェースボード

HDC(ヘッドドライバカード)は個々のプリントヘッド固有のボードです。HDCは1個あるいは複数のプリントヘッドを接続することが可能で、各プリントヘッドの仕様に準じた電源回路、ノズル駆動に必要なデジタルおよびアナログ制御回路が内蔵されています。各プリントヘッドサプライヤーは独自のインターフェース仕様があり、Meteor Inkjet社は産業用インクジェットヘッド市場の主要プリントヘッドサプライヤーの様々なタイプのヘッド用に専用のHDCを標準化しています。

HDCは2つの異なる機能から構成されます。プリントヘッドを構成・駆動する回路およびプリントヘッドがジェッティングするために必要な特定駆動波形パルスを定義・作成・出力する回路です。Meteor Inkjet社のHDCはプリントヘッドからのジェッティングに必要なすべての機能を有します。Meteor Inkjet社独自のHDC製品は放熱量を最大限に抑え、デジタル定義された正確な駆動波形を出力する最適化設計に準じています。そのコンパクトなサイズにより設置・取り付けの自由度が非常に高いその超コンパクトサイズにはプリントヘッドのすべての仕様を満たす機能が含まれています。また、そのモジュラーコンセプトにより、ヘッド構成の再編集や仕様変更にもフレキシブルに対応可能です。

 

→カタログダウンロードはこちら