メインコントロールボード

メインボード(PCC-E or PDC)はPCとダイレクトに接続され、画像データ処理の中枢を担います。
PCC-Eには各ヘッドタイプ用のHDC(ヘッドドライバカード)を最大8個接続可能で、かつ複数のPCC-Eをデイジーチェーン接続あるいは中継ハブボックスを使用し増設することが可能で、制御可能なヘッド数/カラー数は無限となります。PDCはデータパス機能および個々の駆動波形によるノズル吐出制御機能を一体化したボードで主に京セラ製ヘッドタイプに使用されます。

メインボードには外部エンコーダ信号およびPD(Product Detect)信号の入力ポートがあり、印刷機側からのエンコーダパルス信号に同期したジェッティングを設定されたポジションから開始することが出来ます。また、外部制御機器とのリンクを行うGPIO端子や高速画像転送処理を実現するPre-Load印刷モード用の画像データメモリを搭載しています。画像データはさらにSDカード挿入による容量アップも可能です。

 

→カタログダウンロードはこちら