ソフトウェア/各種アプリケーションツール

Meteor Inkjet社は完成型PCソフトウェアからユーザー独自開発ソフトウェア支援パッケージまで、幅広くかつ柔軟なソフトウェア選択肢を用意しています。

Meteor社の提供する完成型PCソフトウェアはシングルパスアプリケーション用(MetPrintソフトウェア)およびスキャニングアプリケーション用(MetScan)の2種類があり、Meteor Inkjet社の提供する各種RIPソフトウェアとの組み合わせで、様々な構成のインクジェット装置に適応します。

また、ユーザー独自のPCソフトウェア開発を支援する、Developer Kitの供給も行っています。ユーザーはRIPソフトウェアの自由な選択肢と合わせ、目的に合った総合制御ソフトウェアを構築することが可能です。
Meteor Inkjet社のPrintEngineはプリントヘッドとデータパスハードウェアを構成し、データパスに割り当てるイメージデータを準備します。Meteor APIを使用することでPrintEngineの機能へアクセスすることが出来、独自の付加価値システムを構築することが可能となります。あるいはサードパーティの印刷ソフトウェアプロバイダーとの連携による開発も選択肢となります。

PrintEngineインターフェースへのアクセスにより、データパスの概念を理解・調整し、RIP、カーマネージメント、ジョブ制御ソフトウェアを自由に追加・編集することが可能になります。Developer Kitに含まれる各種アプリケーションソフト(TestApp, SimPrint, MonoPrint、等)で動作概念を理解できるもメリットの一つです。ユーザーはMeteor Inkjet社の各種マニュアルおよびリモートサポートを利用することが出ます。

 

→カタログダウンロードはこちら