UVC殺菌ユニット

世界的な新型コロナウィルス感染症のパンデミックに対応するため、Integration Technology社はハイパワーポータブルハンディUVC殺菌ユニットを開発しました。この装置を使用することで公共の汚染リスクの高い場所ですべての表面の生体分子や微生物を不活性化することが可能となります。主な使用例は以下となります。

救急車や各緊急車両内
バス、航空機、クルーズ船キャビン、鉄道車両、その他公共交通機関
病院、学校、事務所、ホテル客室等

UVC殺菌ユニット“SubZero RS-170は、印刷市場で数多くの実績を誇るUVランプシステム”SubZeroシリーズ“をベースに開発されました。UV照射による消毒は非接触プロセスであり、ブロードな照明特性により広範囲にわたる除染率向上が可能となります。SubZero RS-170モデルは、1700Wの高出力・入力電力であり、市場に出回る他ポータブルデバイスの4倍の出力特性を有し、より短時間かつ広範囲のウイルス除去結果が得られます。

 

〈SubZero RS-170 UVC殺菌ユニット:特徴〉

コンパクトデザイン
超軽量(~3kG)
高照度リフレクタシステム搭載
交換可能なフロントクォーツガラスを含むダブルクォーツフィルタシステム
メンテナンス性に優れるクイックチェンジカセット方式
急速ウォームアップ&クールダウン機能により、現場での迅速な準備が可
専用空冷デザインによるスタンドアローン型タイプ
ハイフレックスランプヘッドケーブル(~15m)
高耐久シャッターメカニズム( > 3000万サイクル)
Integration Technology社1年保証
Integration Technology社およびIST Metzグループによる包括的な製品保証・サポート

 

→カタログダウンロードはこちら